師範挨拶

HOME > 師範挨拶


DSC07886.JPG
すべての武道は、いずれも厳しい自己修練を課し、その奥義を極めることによって自己の人格形成、すなわち人間としての正しい道を極めることを目指すものです。極真空手は、この武道本来の意味を全うすることを本義に置いています。また直接打撃制、無差別による実践的空手を通し、相手の痛みを知ることによって、人間本来のやさしさを知るという理念も、極真の信ずる道です

この武道精神を少しでも青少年の育成のお役に立てられればと願います。





最高師範:安斎友吉(九段)




DSC07878.JPG

極真空手の稽古というと厳しいというイメージをもつ人が多いかもしれません。確かに厳しい面もありますが、それを体験し、継続していくことは心と体の成長、そして人間形成にも必ず役に立つものと私は信じています。
 安斎道場では入門者それぞれの目的、体力などを十分に考慮した上で指導を行い、自己の成長、上達が実感できるような稽古をつけていきます。子どもたちには挨拶をはじめとした礼節と思いやり、感謝の気持ち、そして社会人には目的をもって励む向上心を培います。

この道場で一緒に汗を流せることを、日々お待ち申し上げています。

師範:安斎正明(六段)

014121.gif

unnamed.png
ibko_b.jpg

banner_JKJO.jpg